一戸建マイホームで最も難しいのは土地選び

PR|大分市の自然あふれる注文住宅|

新築一戸建てマイホームを浜松市に建てる時に思ったことは、「隣近所はバクチだな」ということです。ニュータウン(新興住宅地)に家を建てたということもあって、ほとんどがご新規さんであり、「住んでいる人たちを入念にリサーチして〜」ということもできなかったのですよね。

それはもう希望を言えば、私たちが家を建てる地域の住人のプロフィールから家族構成から、可能ならばパーソナル情報を見てみたいですよ。けれども、何もニュータウンに家を建てなくっても、そのようなことは不可能だというものでしょう。

そりゃあ興信所を利用すればできなくもないかも知れませんけれど、限られた予算の中でのマイホーム建設および、予算に応じた土地探しをしているわけですから、そのようなことに予算を割くことはできません。

希望を言えば、マイホーム建設の土地候補の周辺に住んでいる人の情報をすべて調べ上げて欲しい、その上でマイホーム建設の土地を決めたいというものですが、しかし現実的にはお金のこともあって不可能です。興信所に費用をあてるぐらいならば、ひとつ上のグレードの住宅設備を入れたいと思いますし。

そしてだからこそ、マイホーム周辺の住人に関しては、実際に住んでみないとわからないというものでしょうか。蓋を開けてみないとわからないというわけです。ですからこそ「マイホーム周辺の住人に関してはバクチ」と表現したのです。

土地を探して回っている時に、「隣が明らかにゴミ屋敷」的な売地はもちろん候補から外しましたけれど、しかし大抵は問題がない土地のように思えるから、だからこそ土地選びだって難しいのです。ぶっちゃけ、土地の日当たりなんかよりも、「お隣さんがどんな人なのか?」という情報の方が重要なわけです。だって、マイホームライフに大きく影響を与える存在なわけですから。

隣近所の人たちが、害がないのならば問題がないのですけれど、そうではない方ですと多大なストレスになりますから。ですからこそ、土地選びはマイホームにおいても、最も難しい課題だと感じたわけです。

PR|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|